Japan Study as a Public Good in Asia

Japan Study as a Public Good in Asia

日本やアジアでさまざまな問題がどのように解決されるか。アジア各国の研究者達による、少子高齢化、急速な技術革新と社会の変化、災害復興などに焦点をあてた論集。

  • 著者
  • 黄リン [ほか] 著
  • 出版社
  • Springer
  • 出版年月
  • 2019年02月
  • ISBN
  • 9789811363351

『アジアの公共財としての日本学』

アジア総合学術センターが開催した日本研究センター長フォーラムで企画した「アジアの公共財としての日本学」の英語版が本学社会システムイノベーションセンターの経済学研究シリーズとしてSpringer社によって2019年2月末に電子版で出版されました。

本書は、平成28年度に開催された第4回日本研究センター長フォーラムにおいてメインテーマとして設定され、アジア各国の日本研究者が議論を行い、共同研究に発展したものの結果を取りまとめたものです。

アジア総合学術センターの活動が、共同研究に発展しました。今後ますます共同研究が活発になることが期待されます。

国際部国際企画課


目次

  • Declining Birthrate and Aging
    • Japanese Social Welfare System Reform and Transformation of Social Governance
    • Aging Population, Decreasing Birthrate and National Security: Searching for the Possibility of Cooperation Between Japan and Korea
  • Technological Innovation and Societal Change
    • The Impact of Modern Technology on Japanese Studies
    • Social Technology Research in Japan as a Public Good
    • The New Overseas Chinese in Japan: What Case Studies Tell Us
  • Robust Society Against Natural Disasters
    • People with Different Abilities and Disaster—Lessons Learned from Jogjakarta, Post-earthquake 2006–2016
    • The Effectiveness of Advertising Media Channels in Encouraging Travel to a Post-disaster Destination: A Case in Japan